予算と敷地

新築・注文住宅.com 山口版 TOP > 予算と敷地

予算について

家づくりには全部でいくらかかるのでしょうか?家づくりには
全部でいくらかかるのでしょうか?

建物本体にかかる建築材料費や工事費が中心となりますが、別途工事費や諸費用も発生します。住宅や条件などにより必要な費用と不要な費用がありますので、事前に下記の費用の要否を確認しておきましょう。

別途工事費

解体工事費
(建て替えの場合)
敷地調査費・
地盤改良費
給水工事費 外構工事費
照明器具費 造園工事費 地盤調査費 冷暖房設置費

諸経費

設計費 引っ越し費 仮住まい家賃 地鎮祭・上棟式
などの祭事費
工事請負契約書の
印紙代
建築確認申込み
手数料
住宅ローン諸経費 登記費用
登録免許税 不動産取得税 固定資産税 都市計画税

家づくりに使えるお金

家づくりに使えるお金家を建てる際、土地がない人はまず土地を確保する必要があり、土地代がかかります。加えて建物本体価格がかかります。

一般的に金融機関の融資は年収の5倍程度。融資額だけで間に合わない場合は、自己資金が必要になります。

ここで重要なのが自己資金をすべて使わないこと。入居後の意外な出費に備え、100万円程度の余裕を残しておくことが大切です。

ページの先頭へ戻る

敷地について

一戸建てを建てるには、まず土地を用意する必要があります。買う? 借りる? どんな場所を選ぶ? あなたはどこまで考えていますか。

購入or賃借

土地購入パターン 土地賃借パターン
・売却に出ている土地を買う
・中古家屋付きの土地を買う
・競売で土地を買う
・建築条件付きの土地(※)を買う
・親族が所有する土地を借りる
・一般借地権を利用して土地を借りる
・定期借地権を利用して土地を借りる

(※)建築条件付きの土地とは?

建築条件付きの土地とは、あらかじめ設計者や施工会社が決まっており、土地の売買契約を結んでから3ヶ月以上の一定期間内に、決められた施工会社と建築請負契約を結ぶ条件が付いた土地です。希望に合う土地に、すぐに家を建てて住みたい人にお勧めです。

土地の探しの重要ポイント

土地の探しの重要ポイント 最寄り駅までの距離・時間

 幼稚園、小・中学校までの距離・通学路

 スーパー・商店街・銀行・病院・公園までの距離

 日当たりや隣の家との位置関係

 騒音や交通量、治安

土地探しの落とし穴!?地盤に注意!

土地探しの落とし穴!?地盤に注意!せっかく理想のマイホームを手に入れたのに、土地の地盤が悪かったために、数年後に家が傾いてきた……なんてことは絶対に避けたいもの。地盤の良し悪しは土の種類が大きなポイントになりますが、素人には分からないため地盤調査が必要です。道路に不規則な凸凹がある土地、道路との高低差がある土地、周囲のコンクリートにヒビ割れがある土地などは、地盤調査を行ったほうがいいでしょう。

調査の結果、地盤が悪かった場合、地盤の改良・補強工事が必要となることがあります。この工事のために、当初の資金計画を超過してしまうのはよくあること。ですが、落ち着いて考えてみてください。一生に一度の買い物です。目先の安さを選びますか? それとも家族の安全を選びますか?

トピアは、後悔しない土地選びからお手伝いします。お客様の「理想」を住宅という「カタチ」で表現します。納得のいくまでプランニングしますので、お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る


資料請求はこちら

無料見学会はこちら