入居後のメンテナンス情報

新築・注文住宅.com 山口版 TOP > 入居後のメンテナンス情報

メンテナンスでずっと快適な家

せっかく買ったマイホーム。ずっと気持ちよく住み続けたいですよね。しかし、住宅は完成したときから長期にわたって、風雨・日光・乾燥などの厳しい気候条件に晒されます。

数年後になって大修理! というようなことにならないよう、日頃から少しずつメンテナンスをすることが住まいを長持ちさせる秘訣です。

> 敷地の排水 > 床下換気口・基礎まわり > 外壁
> 屋根・雨樋 > 窓ガラス・網戸 > ドア・障子・襖
>  >  > 
> キッチンまわり > トイレ・洗面所 > 浴室

敷地の排水

排水桝
年に1~2回は排水桝のフタを開け、ゴミや落ち葉をシャベルなどで取り除いてください。放置すると排水機能が低下し、大雨などで水が溢れるおそれがあります。また、フタが割れるおそれがあるため、重いものを置いたり、車で乗り上げたりしないようにしてください。
排水管
細かいゴミがたまりやすく、悪臭や詰まりの原因になります。キッチンや浴室・洗面所の排水管は2~3ヶ月に1度は排水パイプ洗浄剤を流しましょう。

床下換気口・基礎まわり

床下換気口
換気口は、床下空気の出入り口です。土台、束、大引、根太などの腐朽を防止するために、換気口の前にものを置かないようにしましょう。
基礎まわり
【掘削】下水工事・水道工事・植栽など、基礎の周辺を掘るときには、
基礎を傷めないよう注意が必要です。
【植栽】将来大木になりそうな植物を住宅に接近して植えると、成長にともない根が基礎を破壊したり、枝葉が屋根などを傷めたりすることがあるので、避けるようにしましょう。

外壁

外壁外壁まわりは、できるだけ日光や風が当たるようにしてください。

壁に接してものを置いたり、温室や物置を設けたりすると風通しが悪くなり、住宅の劣化を早めることになります。

ページの先頭へ戻る

屋根・雨樋

瓦葺屋根
瓦は軒天付近を重点的に釘止めされていますが、ズレが生じることもあります。地震や台風の後などには、瓦の割れ・ズレ・剥がれなどを点検し、異常がある場合には当社までご連絡ください。
金属板屋根
亜鉛鉄板など金属板屋根のサビを放置すると、その寿命を著しく縮めますので、サビが出る前に塗装を行ってください。
雨漏り
雨漏りを発見したら、すぐに当社までご連絡ください。台風などの後は、シミの有無などの点検を行ってください。
雨樋(あまどい)
落ち葉などのゴミが詰まると排水不良を起こし、重くなって落下することもあります。こまめに取り除くようにしてください。日光や積雪などで劣化し、ちょっとした衝撃でも破損しやすいものですので、定期的な点検が必要です。樋のつなぎ目の部分が外れていないかどうかも点検してください。

窓ガラス・網戸

窓ガラス
窓拭きは、梅雨時や雨が降った後の曇りの日に行いましょう。湿度で汚れを落としやすくなり、ガラスが反射しないので汚れの落ち具合や拭き残しを確認しやすくなります。掃除は、汚れのひどい外側から。仕上げにクシャクシャにした新聞紙で円を描くように拭くと、光沢が出ます。窓枠の下端などに結露した水がたまると雨漏りの原因になりますので、水抜溝は時々掃除してください。
網戸
網戸の一面にボール紙を貼って、反対側から掃除機のノズルで汚れを吸い込みます。汚れがひどいときは網戸を取り外し、浴室などで住居用洗剤を薄めてスポンジやタワシでこすり、その後、水で洗剤を洗い流します。

ドア・障子・襖

外部ドア
ドアが閉まるのが早すぎると、手をはさむことがあり危険なため、定期的に速度調整弁をドライバーで調節してください。
内部ドア
表面に付いたホコリはやわらかい毛のブラシやハタキで払い、空拭きをしましょう。汚れやすいノブや引き手は、雑巾でこまめに拭きます。開閉がスムースでなかったり、きしむ音がするような場合には、蝶番に市販の防サビ潤滑剤(シリコン)を差してください。
障子
200ccの水に小さじ1杯の洗濯のりを溶かし、塩素系漂白剤を小さじ1/2ほど加えた溶液を霧吹きなどに移し替え、障子に噴き付けます。2~3日経つとピンと張って、見違えるほど白くなります。
反ったときは、襖紙が湿度の少ないほうに引っ張られて反ることがありますが、襖を裏返しにしてはめておくと元に戻ります。建て付けが悪いときは、襖上部の左右のプレートのネジをゆるめて調整します。プレートが前後に動くので鴨居の溝に合うように調整します。

ページの先頭へ戻る

カーペットカーペット
電気掃除機を毛並みに沿ってかけます。
取りづらい糸くずや髪の毛は、粘着ローラーなどを利用しましょう。
クッションフロア
キッチンやトイレ、洗面所に多く使われている床材です。湯で薄めた中性洗剤で汚れを落とし、その後に水拭きをしましょう。
フローリング
ホコリやゴミを掃いた後、空拭きしてください。水拭きをすると、板が膨れたり表面の光沢を失ったりします。つや出しには、市販のワックスで磨くほか、ぬかやお茶殻を乾燥させたものを入れた袋で磨くのも効果的です。

日常のメンテナンスは、畳の目に沿ってほうきや掃除機でたまったホコリを取り除きます。畳干しの目安は年に1~2回、畳の表替えの目安は2~3年に1回です。初回の表替えは裏返して使用し、次回は畳表を取り替えます。張り替えの目安は3~4年に1回です。

ビニールクロス
水拭きできますが、継ぎ目に水が入ると剥がれやすくなるので注意が必要です。

ページの先頭へ戻る

繊維壁・砂壁
和室の砂壁が落ち始めたときは、木工用接着剤を水で薄く溶き、噴霧器で壁に吹き付けます。作業後は噴霧器の水洗いを十分に行ってください。
漆喰壁・プラスター壁
化繊布を付けたほうきモップで空拭きします。掃除機に丸口ブラシを付けてホコリを取ります。水拭きは禁物です。

キッチンまわり

ガスコンロガスコンロ
ガスコンロの汚れは油分を含むことが多く、時間が経つとこびり付いて取れにくくなるので、油はねや吹きこぼれなどのレンジの汚れは固まる前に拭き取りましょう。
換気扇
月に1回換気扇用洗剤で拭いてください。油汚れがたまっているときは、50~60℃の湯に30分程度浸けた後、スポンジや古歯ブラシなどで汚れを落とします。湯だけで落ちないときは、住居用洗剤か換気扇用洗剤を入れて、2~3時間浸けておくと、布や紙で簡単に拭き取ることができます。
流し台
ステンレス製の流し台は、美しさと清潔さを保つようコーティングされているため、これを剥がさないようにするのがコツです。スポンジに洗剤かソフトクレンザーを付け、ステンレスの節目に沿って軽くこすりましょう。

トイレ・洗面所

トイレ
トイレが詰まったら、まず止水栓を閉め、次に吸引カップを排水口を全部ふさぐようにして押し付けて、手前に引きます。何度か繰り返すと、ちょっとした詰まりなら直ります。水が止まらない場合は、まず止水栓を閉め、タンクのフタを外して内部をチェックします。浮きゴムが外れている場合はきちんと取り付け、ゴミがはさまっていれば取り除きましょう。
洗面所
石鹸カスや水アカなどの軽い汚れは、浴室用洗剤かクリームクレンザーで磨いて落とします。汚れが落ちたら、洗剤をよく洗い流し、最後に乾いたタオルで拭き取りましょう。

浴室

浴室の大敵はカビと結露。入浴後は水のシャワーで、壁から天井まで浴室全体を洗い流すと表面温度が下がり、石鹸カスが落ちます。清掃後、壁や床の水滴を乾いた布で拭っておけば完璧です。湯を抜いたら、窓を開けて空気を入れ替えるか、1時間以上換気扇をまわすようにしましょう。

ページの先頭へ戻る


資料請求はこちら

無料見学会はこちら